PAK_sin0I9A3021_TP_V
鮭マスの定置網には様々な哺乳動物が混入するようである。

アザラシやイルカ等がそれで、保護の機運が緩い時代には毛皮のある海獣類だと殴り殺して皮を剥ぎ、財布にしたりコートにしていた。

最近は取り締まりが厳しくなってバレると手が後ろに回るので、たとえ持ち込んだとしてもなめし業者も仕事をしてくれない。

現在の混入動物は毛皮のコートにはならないものの、海の男の胃袋の中に納まることはある。

2~3ヶ月は陸地に帰れない長期間の漁だと、食べられる肉は鮭しかないので飽きが来てしまう。
そんな時の海獣(特にアザラシ)は良いご馳走となる。

単純に焼かれるか、味噌で揉んで臭いを取ってから食べられる。


イルカはどうかというと、スーパーなどで肉が流通している地域の人に限定されるが食されている。

海の上だと血抜きが面倒臭いので、肉が口に入る頻度は割と少なく、案外食べられているのがヒレの部分で、煮込んで口に入れるとフカヒレとは異なる独特の食感が得られる。

ゼラチン質の食感とフカとは異なる独特の歯触りは美味でフカヒレ以上の珍味とも称されるらしい。

そんなわけで時に食料となっているイルカだが、ヒレ以外の肉は必要ないので、尾ヒレや背ヒレを切られたイルカの死体は波間を漂うことになる。


混入イルカをイルカヒレにして食べるのはもっぱらベテランだけのようである。

にほんブログ村

オカルト ブログランキングへ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット