水
第二次世界大戦の折、日本とドイツは互いに同盟国の関係を維持してきた。
ただし、実際は直接的な共同作戦を展開したことはほとんどなく、いずれの国も、末期になると本土を完全に制圧されてしまっている。

さて、このドイツと日本は、戦時中に、ある似通った試みをしているという都市伝説がある。

それは、敵国の中枢を対象とした呪いの儀式であるという。

ナチスのヒトラーはオカルティストとしても有名で、著書では人類がいつの日にか「超人」に進化すると述べている。

また、彼の身の回りの人間も、同様に魔術などに傾倒していたことが分かっている。
連合軍に対抗すべく、ヒトラーは魔術を以って災いをもたらそうとしていたという。

そしてこれは、日本も例外ではなかったようだ。

戦時中に、全国から選び抜かれた宮司が集まり、アメリカの大統領を銃殺するための儀式を行っていたという話が今でも残っている。

結果的に、その甲斐あってか、当時のアメリカ大統領は急死している。

ただ、後任となった大統領は、以前にも増して日本に対する容赦ない攻撃を指示する人物であった。

人を呪わば穴二つとはよく言ったものである。

その代償として、結果的に大敗を喫したのかも知れない。

ちなみに一説には、ドイツの魔術に対抗して連合側も魔術で応戦していたという話もあるようだ。

にほんブログ村

オカルト ブログランキングへ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット